MENU

カードローン審査に通りやすいカードローンはどれ?

カードローン審査に通過するためには、カードローン審査に対する正しい知識を持っていることが大切です。
どうしたらカードローン審査を有利に進めることができるのか。
カードローン審査に通らない場合にはどんな原因があり得るのか。
等、審査に対する正しい知識を持っていることで審査通過の可能性が広がります。
あなたの知りたい審査の甘いカードローンはどれ?という疑問も、審査の甘いところを知るのではなく審査に通りやすくする方法を知ることで解消されることでしょう。
カードローン審査の実態を一緒に見ていきましょう。

おすすめのカードローン案内

カードローンの審査を受けるとき、まずはあなたの信用や属性と申し込みをするカードローン会社の審査の難易度を照らし合わせることがカードローン審査に通る為の第一歩です。初めての借入や信用・属性の高い人は銀行カードローンの審査に通りやすいといえますし、多重債務や信用に問題のある方は消費者金融じゃないと借入できないケースもあります。ここではそんな状況に合わせた借入先の紹介をしていきます。あなたがカードローン審査に通過できるよう、あなたの状況に合わせた借入先を選ぶようにしてくださいね。

すぐに少額を借りたい人におすすめのカードローン
すぐに借りたいなら

SMBCコンシューマーファイナンス
プロミス

 

>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 おすすめユーザー
4.5%〜17.8% 500万円 老若男女問わず
収入のある人
プロミスは消費者金融最大手のカードローン。幅広い属性の方に利用がおすすめできるカードローンです。審査難易度・借入までの早さ・借りやすさ全てひっくるめて総合的に見るとプロミスがもっとも使い勝手の良いカードローンです。審査も銀行カードローンのように厳しくないのに最短1時間の借入ができるので、すぐに借りたいという方に特におすすめです。

>公式HPはこちら<


少額借入で銀行カードローン希望なら

三井住友銀行カードローン

 

>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 おすすめユーザー
4.0%〜14.5% 800万円 銀行カードローンで
すぐに借りたい人
三井住友銀行カードローンは安定した収入があり、クレヒスに傷のない方におすすめです。銀行カードローンの中でも特に幅広い金額の貸付を行っているカードローンのため、借りる金額問わず柔軟な対応をしてくれます。
プロミスが保証会社を務めていることから三井住友銀行カードローンが少額融資を得意としていることがわかりますね。

>公式HPはこちら<

 

三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック

 

>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 おすすめユーザー
1.8%〜14.6% 500万円 専業主婦
学生
申込から最短40分で借入が可能なバンクイック。安定した収入を得ている人はもちろん、収入のない専業主婦への貸付も行っています。
カードローン審査で無収入だと審査に通ることはありませんが、専業主婦が借入するならバンクイックがおすすめです。

>公式HPはこちら<


おまとめ・借り換えなどの大口の借入におすすめのカードローン

おまとめ・借り換え希望なら

オリックス銀行カードローン

 

審査落ちしないカードローン|あなたにおすすめの借入先案内所

>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 おすすめユーザー
3.0%〜17.8% 800万円 30代〜50代男性
オリックス銀行カードローンは30代〜50代の収入の安定した男性におすすめのカードローンです。大口のおまとめや借り換えに対して積極的な審査を行ってくれるカードローンなので、ある程度の収入のある方が有利に借入できる可能性があるカードローンとなっています。
300万円まで収入証明書の提出が不要なオリックス銀行カードローンは今後のカードローン利用を考えて早い段階で利用するのにもおすすめできる1枚です。

>公式HPはこちら<

 

アイフル

 

>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 おすすめユーザー
12.0%〜18.0% 500万円 消費者金融で
おまとめしたい人
おまとめローンは通常のカードローン審査よりも厳しい審査基準が存在します。その為、できれば審査のゆるい消費者金融でおまとめしたいという方もいるはずです。
そんなときにおすすめなのがアイフルのおまとめMAX。アコムやプロミスではおまとめの限度額が300万円と低い上、申し込みは電話のみととても不便ですが、アイフルならweb申し込みでおまとめの申込が可能です。

>公式HPはこちら<


カードローン利用がばれたくない・クレヒスに問題がある方はこのカードローン
在籍確認を書類で済ませたいなら

モビット

 

>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 おすすめユーザー
3.0%〜18.0% 800万円 在籍確認を
書類で行いたい人
モビットは在籍確認がないカードローンだと思われがちですが、在籍確認をしないカードローンは存在しません。モビットでは在籍確認を書面で行っています。
その為、電話による在籍確認で会社にカードローン利用がばれるかもしれないという方におすすめのカードローンとなっています。

>公式HPはこちら<

 

アコム

 

>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 おすすめユーザー
3.0%〜18.0% 800万円 カードローン利用の
不安が多い人
は・じ・めて・の・アコム♪で有名なアコム。カードローン初心者の方に特におすすめのカードローンです。アコムはカードローン利用者の不安に思っていることを親身に受け止め、可能な限り利用者の要望に応えてくれます。その為、在籍確認を書面で行いたいという希望も相談したら対応してくれます。

>公式HPはこちら<


クレヒスに不安があるなら

フクホー

 

>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 おすすめユーザー
7.30%〜20.00% 200万円 クレヒスに
傷がついている人
今までにブラックへの貸付も行ってきたフクホー。中小企業の消費者金融ですが老舗の正規貸金業者です。
消費者金融最後の砦とも呼ばれるフクホーは、まず大手のプロミスやモビットといった消費者金融に申し込みをして審査に通過できなければ選ぶ第3の選択肢として考えておくのが良いでしょう。

>公式HPはこちら<

 

フタバ

 

>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 おすすめユーザー
14.959%〜17.950% 50万円 クレヒスに問題があり
少しでいいから借りたい人
キャッシングのフタバは限度額がとても低い中小企業の消費者金融です。
多重債務は大手のカードローン会社だと審査対象にもならない可能性がありますが、多重債務4社以内なら審査を行ってくれるというクレヒスに問題のある方には嬉しいキャッシング先でもあります。
クレヒスに問題あるけどちょっとでいいから借りたいという方におすすめのキャッシング先です。

>公式HPはこちら<


審査に通過するのためのコツ

カードローンでお金を借りるということはどういうことか、あなたは考えたことはありますか?
おそらく多くの方がお金を借りるということに対してこんなことを考えたことがないと思います。

では質問を変えます。
金融商品は、どんな何を売り買いする商売だと思いますか?

貸金業という商売は何を売り買いするものなのかを考えることがカードローン審査に通過するためのコツに繋がります。
基本的で単純なことだけど、意外と気付けないカードローン審査のためのコツについて見ていきましょう。

コツ1:申し込みのときに入力ミスをしない
申し込み時に入力ミスがあると、あなたが故意でなくミスをしたとしても貸金業者にはそれが故意なのかミスなのか判断ができません。
例えば、年収を400万円と入力しようと思って0を1つ多くしてしまい4000万円にしたらそれはミスだとわかるでしょう。でも、。400万円と入力しようとしてボタンを押し間違え500万円としてしまったらどうでしょう?実際にありえる誤差であるが為にそれが故意なのかミスなのか判断できませんよね。

貸金業者はあなたがきちんと返済してくれるかを審査で確認します。
もったいない記入ミスのせいで返済できるか不安と思われたらそれだけで審査通過が難しくなってしまう可能性もありますので、申し込みの入力はミスをしないようにしましょう。

コツ2:一度にたくさん申し込まない
審査が不安であれ、カードローンの審査について無知であれ、お金を借りたいと思ったときに1度に複数社に申し込みをするのは止めましょう。
想像してみてください。
「あなただからこそ!あなたにだけお願いしたいんです!」と言われてお願いされるのと、
「誰でもいいからお願い〜!」とお願いされるの。
どちらがあなたの心に響きますか?

カードローン審査においてもこれは同じことが言えます。
誰でもいいから貸してという人はあまり信用されず、審査に落ちてしまうこともあります。

いくら審査通過に不安でも、同時に申し込むのは最高でも2社までにするようにしてください。

コツ3:申し込みのときにちょっとだけ情報を盛る
正しい正確な情報だけを伝えるのが正義か悪かで聞かれたら、正義と答える方がほとんどでしょう。
でもそれって時と場合によると思いませんか?

面接を受けに言って面接官が髪が薄くで太っていてで体臭が気になったとして、「私の第一印象を教えてください。」と聞かれたら「ハゲ・デブ・臭い」なんてとうてい言うことができません。

当たり障りなく良く言うことがその場では正義となります。

カードローン審査を受けるときには当たり障りなくあなたを良く見せる為に情報を盛ることも大切です。
例えばあなたの年収が338万円だったとして、正直に338万円と申告する必要はありません。
会社員の給与はある程度安定していますが、その年の業績によって増減することも十分に考えられます。

そのため、この場合には年収の申告は350万円と申告しても問題はないのです。
勤続年数や従業員数、保険証の種類などのすぐに盛ったとわかる情報は正直に申告しないとダメですが、カードローン審査を受ける際に収入を少し上乗せして申告することは審査通過のためのテクニックの1つです。
※盛りすぎると逆に審査に不利になるので、無茶苦茶に盛るのは止めましょう。

金融商品で売り買いしているものとは「信用」のことです。

カードローン審査に通過するには相手に信用してもらうことが最重要事項。

それは正しい情報を使って信用してもらっても、少し盛った情報で信用してもらっても「信用してもらう」という点では変わりありません。

もちろん正しい情報で信用してもらうことが第一なので、まずは記入ミスをなくしたり、真摯にカードローン審査に向き合うことが大切です。
その上で少し背中を後押しする程度のちょっとしてテクニックを使うことがカードローン審査に通過するためのコツだといえるでしょう。



カードローン審査って何を審査するの?

カードローン利用をする時に審査に通過しなければいけないのはあなたも知っていますね。でも、審査が何の為にあって何を審査しているのか具体的に知っていますか?
カードローンを既に利用している方はなんとなく年収とか勤続年数とか、、、あとはブラックじゃないかぐらい?という漠然とした審査内容についてはご存知だと思いますが、審査ってそんなに単純なものではないんです。カードローン審査では一体どんなことを見られているのでしょう?

カードローン審査の内容

カードローン審査は債権者が所得・勤続年数・ブラックリストに載っているかなどの情報からお金を貸すに値する人かどうかを判断するために行われるものです。お金を貸すと言うことはとてもリスクの高い行為になる為、債務者が返済してくれるかどうかを審査で判断して融資をするのは当然ですね。そんなカードローン融資の際に審査に関わる情報のことを信用情報と言います。
※信用情報とは、お金の貸し借り(ローンやクレジットカード発行)に関わる契約や、不動産契約などの信用取引の際に見られる取引事実の情報のことを指します。現在までの割賦支払いの状況やローンの返済状況、クレジットカードの支払い残高などを客観的にデータ化したものです。

カードローン審査では信用情報の潔白と過去の信用取引に対する誠実さが重視され、誠実に信用取引を行い信用を積み上げているかどうかが重要なポイントとなります。信用情報を用いて客観的な取引事実からあなたが信用できる人間かどうかを判断しているわけですね。しかし、カードローン審査で重要なのは信用情報だけではありません。個人信用情報機関からあなたの信用情報を確認して誠実さが認められた上で、あなたに貸しても問題なく返済ができるかをあなたの資産や年収などから総合的に判断します。

返済できるかどうかの判断で用いられる情報と言うのが属性と呼ばれるものです。
属性はあなたの職業・年収・勤続年数・住居・居住年数などの様々な個人情報をスコアリング(点数化)し、属性のスコアリングが一定のラインを超えたら貸付しても大丈夫と判断する為にあるものです。なので、年収1000万円を超えていても属性が低い場合もありますし、逆に年収400万円でも属性が高いこともあり得るのです。

個人信用情報と属性についておさらいしておきましょう。
個人信用情報 過去の信用取引からあなたが誠実に信用取引を行う人かどうかを判断する為の情報。個人信用情報機関(CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センターなど)に登録される客観的なデータから信用を判断するもの。他社借入状況やブラックかどうかは個人信用情報で判断する。
属性 あなたの経済状況や資産、今後安定した返済が望めるかを点数化して判断するもの。年収だけを見るのではなく総合的な判断をするため、年収が高くても低い属性だと判断される場合もある。
それでは属性判断ではどのようなことを見られるのかを確認してみましょう。

カードローン審査時に見られる属性

属性の判断はとても複雑です。単に年収がよければいいというものではありませんし、大企業に勤めているから安心というわけでもありません。カードローン審査における属性判断の際にどのような属性項目が見られるのでしょうか。

属性判断で見られる具体的な属性項目は
年齢 性別 年収
職業 収入形態 勤続年数
就業先の規模 雇用形態 健康保険証の種類
固定電話の有無 居住形態 居住年数
家族構成 家賃(ローン負担)額  
等の項目です。どの属性項目にも点数が付けられ、スコアリングの結果から総合的に属性の高い低いが判断されます。それぞれの属性項目について詳しく見ていきましょう。

年齢・性別・年収
カードローン審査において年齢も属性判断の大切な要素です。カードローン商品は長期間のカードローン利用によって利益を出す商品となっていますので、年齢が若い方が高い属性だと判断できます。しかし、20歳から利用可能なカードローンですが、収入が少なく勤続年数の短い20代前半だと属性が低いと判断されることもあります。20代後半から30代後半にかけてが年齢属性として高いと判断できるでしょう。※60歳を超えてからのカードローン利用は属性が低いと判断されることが多くあります。

収入による属性の変動は収入が低ければ属性も低く、収入が高ければ属性が高くなるといういたってシンプルな考え方です。カードローン審査では安定した返済ができるかという点を重視しますので、年収が高ければ高いほど有利に働きます。そして、年収の兼ね合いで関わってくるのが性別です。
男性の所得平均は約500万円ですが、女性の所得平均は約270万円。男女比で考えると女性の方が収入が少ないので属性としては不利だといえるでしょう。

職業・収入形態・勤続年数
職業はあなたの信用に大きな影響を与える属性判断の材料です。極端な話し、弁護士とアルバイトの人で比べるとどちらが信用できる職業化は一目瞭然ですよね。
社会的に信用の高い職業は弁護士や医師のような士業と呼ばれる職業や公務員の様に、安定した高収入が得られる職業は属性として高い位置に位置づけられています。そしてアルバイトやパート、天候に左右される土木関係の仕事だったりすると収入が安定していない為に属性として低い位置にいることになります。
しかし、職業的な属性が低くても収入を得ているという事実には変わりありませんので、そういった職業に就いていても勤続年数を重ねていくことで属性を高めることが可能です。
カードローン審査において重視するのは返済能力があるかどうか。勤続年数が長くなればなるほどその人は額は不安定ながらも安定して収入を得続けているという判断ができるので、勤続年数を重ねることはカードローン審査における属性判断で大きな役割を担います。最低でも半年〜1年の勤続年数があったほうが審査を受けるときには安心して受けることができるでしょう。