MENU

カードローン審査に通りやすいカードローンはどれ?

カードローン審査に通過するためには、カードローン審査に対する正しい知識を持っていることが大切です。
どうしたらカードローン審査を有利に進めることができるのか。
カードローン審査に通らない場合にはどんな原因があり得るのか。
等、審査に対する正しい知識を持っていることで審査通過の可能性が広がります。
あなたの知りたい審査の甘いカードローンはどれ?という疑問も、審査の甘いところを知るのではなく審査に通りやすくする方法を知ることで解消されることでしょう。
カードローン審査の実態を一緒に見ていきましょう。

おすすめのカードローンランキング

カードローンの審査を受けるとき、まずはあなたの信用や属性と申し込みをするカードローン会社の審査の難易度を照らし合わせることがカードローン審査に通る為の第一歩です。初めての借入や信用・属性の高い人は銀行カードローンの審査に通りやすいといえますし、多重債務や信用に問題のある方は消費者金融じゃないと借入できないケースもあります。ここではそんな状況に合わせた借入先の紹介をしていきます。あなたがカードローン審査に通過できるよう、あなたの状況に合わせた借入先を選ぶようにしてくださいね。

大口の借入希望なら
オリックス銀行カードローン

審査落ちしないカードローン|あなたにおすすめの借入先案内所

>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 おすすめユーザー
3.0%〜17.8% 800万円 30代〜50代男性
オリックス銀行カードローンは30代〜50代の収入の安定した男性におすすめのカードローンです。大口のおまとめや借り換えに対して積極的な審査を行ってくれるカードローンなので、ある程度の収入のある方が有利に借入できる可能性があるカードローンとなっています。もちろんその他の方におすすめできないわけではなく、今後のカードローン利用を考えて早い段階で利用するのにもおすすめできる1枚です。
即日での借入はできませんが、スムーズに行くと3日以内の借入が可能なオリックス銀行カードローン。300万円までの借入には収入証明書は要りませんので、借入先に悩んでいる方はオリックス銀行カードローンを選んでおけばよいと言えます。

>公式HPはこちら<



カードローン審査って何を審査するの?

カードローン利用をする時に審査に通過しなければいけないのはあなたも知っていますね。でも、審査が何の為にあって何を審査しているのか具体的に知っていますか?
カードローンを既に利用している方はなんとなく年収とか勤続年数とか、、、あとはブラックじゃないかぐらい?という漠然とした審査内容についてはご存知だと思いますが、審査ってそんなに単純なものではないんです。カードローン審査では一体どんなことを見られているのでしょう?

カードローン審査の内容

カードローン審査は債権者が所得・勤続年数・ブラックリストに載っているかなどの情報からお金を貸すに値する人かどうかを判断するために行われるものです。お金を貸すと言うことはとてもリスクの高い行為になる為、債務者が返済してくれるかどうかを審査で判断して融資をするのは当然ですね。そんなカードローン融資の際に審査に関わる情報のことを信用情報と言います。
※信用情報とは、お金の貸し借り(ローンやクレジットカード発行)に関わる契約や、不動産契約などの信用取引の際に見られる取引事実の情報のことを指します。現在までの割賦支払いの状況やローンの返済状況、クレジットカードの支払い残高などを客観的にデータ化したものです。

カードローン審査では信用情報の潔白と過去の信用取引に対する誠実さが重視され、誠実に信用取引を行い信用を積み上げているかどうかが重要なポイントとなります。信用情報を用いて客観的な取引事実からあなたが信用できる人間かどうかを判断しているわけですね。しかし、カードローン審査で重要なのは信用情報だけではありません。個人信用情報機関からあなたの信用情報を確認して誠実さが認められた上で、あなたに貸しても問題なく返済ができるかをあなたの資産や年収などから総合的に判断します。

返済できるかどうかの判断で用いられる情報と言うのが属性と呼ばれるものです。
属性はあなたの職業・年収・勤続年数・住居・居住年数などの様々な個人情報をスコアリング(点数化)し、属性のスコアリングが一定のラインを超えたら貸付しても大丈夫と判断する為にあるものです。なので、年収1000万円を超えていても属性が低い場合もありますし、逆に年収400万円でも属性が高いこともあり得るのです。

個人信用情報を属性についておさらいしておきましょう。
個人信用情報 過去の信用取引からあなたが誠実に信用取引を行う人かどうかを判断する為の情報。個人信用情報機関(CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センターなど)に登録される客観的なデータから信用を判断するもの。他社借入状況やブラックかどうかは個人信用情報で判断する。
属性 あなたの経済状況や資産、今後安定した返済が望めるかを点数化して判断するもの。年収だけを見るのではなく総合的な判断をするため、年収が高くても低い属性だと判断される場合もある。
それでは属性判断ではどのようなことを見られるのかを確認してみましょう。

カードローン審査時に見られる属性

属性の判断はとても複雑です。単に年収がよければいいというものではありませんし、大企業に勤めているから安心というわけでもありません。カードローン審査における属性判断の際にどのような属性項目が見られるのでしょうか。

属性判断で見られる具体的な属性項目は
年齢 性別 年収
職業 収入形態 勤続年数
就業先の規模 雇用形態 健康保険証の種類
固定電話の有無 居住形態 居住年数
家族構成 家賃(ローン負担)額  
等の項目です。どの属性項目にも点数が付けられ、スコアリングの結果から総合的に属性の高い低いが判断されます。それぞれの属性項目について詳しく見ていきましょう。

年齢・性別・年収
カードローン審査において年齢も属性判断の大切な要素です。カードローン商品は長期間のカードローン利用によって利益を出す商品となっていますので、年齢が若い方が高い属性だと判断できます。しかし、20歳から利用可能なカードローンですが、収入が少なく勤続年数の短い20代前半だと属性が低いと判断されることもあります。20代後半から30代後半にかけてが年齢属性として高いと判断できるでしょう。※60歳を超えてからのカードローン利用は属性が低いと判断されることが多くあります。

収入による属性の変動は収入が低ければ属性も低く、収入が高ければ属性が高くなるといういたってシンプルな考え方です。カードローン審査では安定した返済ができるかという点を重視しますので、年収が高ければ高いほど有利に働きます。そして、年収の兼ね合いで関わってくるのが性別です。
男性の所得平均は約500万円ですが、女性の所得平均は約270万円。男女比で考えると女性の方が収入が少ないので属性としては不利だといえるでしょう。