MENU

銀行カードローンと消費者金融ってなにがどう違うの?

お金を借りたい、そう思ったときにあなたは一体どこの会社から借りようと思いますか?
あなたが必要な金額はいくらでしょうか?返済期間はどれくらいのご予定でしょうか?

 

キャッシング、カードローンを商品として取り扱う会社は大きく分けて2つあります。
1つは銀行カードローン、そしてもう1つは消費者金融です。

 

お金が借りたい、でもどちらでお金を借りたほうがいいのか迷っている方に銀行カードローンと消費者金融の違い、おすすめポイントをお伝えしていきたいと思います。

 

銀行カードローンと消費者金融の違い

 

その1.金利

 

まず1番にお伝えしたいのは金利の違いです。銀行カードローンは消費者金融に比べると金利は格段に低いです。
消費者金融の年金利は5%〜18%でほとんどの会社が設定しているのに比べ、銀行カードローンは3%から15%くらいで設定している銀行が多いです。
金利にこれだけの開きがあるということは、利息にもかなりの差が出ます。

 

例えば10万円を1ヶ月(30日)借りた時の利息の差額を計算してみますと、
金利が14%の銀行カードローンで借りた場合の返済時の利息は1,150円。
対して18%の消費者金融で借りた場合の返済時の利息は1,479円となりここで約300円の差が出ます。これがもっと大きい金額で借入期間が長くなれば、さらにその差はぐんぐん開いていくことが分かります。

 

 

その2.限度額

 

銀行カードローンと消費者金融では限度額も大幅に変わってきます。
消費者金融の限度額の上限は500万円くらいの設定をしている会社が多いのに対して銀行カードローンは下限で500万、上限は1,000万円までの限度額を設定している銀行もあります。
例をあげていきますと

 

新生銀行 レイク 500万
三菱東京UFJ銀行 500万
オリックス銀行 800万
三井住友銀行800万
りそな銀行800万
みずほ銀行 1000万

 

と銀行によって限度額の開きがかなりあります。またセブン銀行のように10万円からの少額からでも借入可能な銀行もあります。

 

これに対し大手消費者金融の限度額は

 

プロミス 500万
アイフル 500万
プロミス 500万
アコム 800万
モビット 800万

 

とアコムとモビット以外は500万円の設定です。
消費者金融では、現在アコムとモビットの800万円が最も限度額が高く、これ以上の借入が可能な会社はありません。

 

 

その3.法律適応の有無

 

銀行カードローンと消費者金融の最大の違いは法律の適応の有無です。
上記で説明した限度額、借入金額の違いは賃金業法の「総量規制」に基づいて決められています。
消費者金融で借入をする場合、個人の借入残高は原則年収の3分の1までに抑えることが法律で定められおり年収の3分の1を超えた場合は貸金業者から新規の借入れが不可能となってしまいます。これを「総量規制」といいます。

 

対して銀行カードローンはこの「総量規制」が適応外となります。銀行は貸金業者ではないので貸金業法ではなく銀行法が適応され、総量規制の対象とはならないのです。

 

 

その4.資金調達

 

銀行と消費者金融ではなぜこんなに金利の差があるのでしょう?
それは資金調達の面で大きな違いがあるからです。ということは、消費者金融の方が銀行よりも高い金利でお金を調達しているということですね。

 

銀行は自行のグループ金融子会社を除けばその他の金融業者にお金を貸すことはありませんが、消費者金融は高い金利を払って資金を調達しなければならないので利益を得るには融資をするときの金利を高くせざるを得ないのです。

 

コストをほとんどかけずに資金を調達できる銀行と、自分で資金を調達してこなければいけない消費者金融とでは資金の調達コストが全く変わってきます。
そのため両者の金利も大きく変わってくるのです。

 

 

銀行カードローン・消費者金融はそれぞれこんな方におすすめ!

 

銀行カードローンと消費者金融の違いをご紹介してきましたが、それを踏まえて銀行カードローンはこんな方におすすめです。

 

・その銀行口座を持っている
→口座を持っていると申し込み手続きも簡単で即日融資可能な場合があります

 

・高額融資を必要としている方
→限度額の多い銀行カードローンを選びましょう

 

・信用が高い職業についている・または収入が多く安定している方
→銀行では審査が通りやすいです

 

・毎月の返済金額を安くしたいと考えている
→金利の低い銀行カードローンを選びましょう

 

・専業主婦である(収入が無い)がお金を借りたい
→専業主婦でも安心して借りられる銀行があります

 

・ローンカードを作らずにお金を借りたい
→お手持ちのキャッシュカードにローン機能を付けられる銀行があります

 

また、消費者金融はこんな方におすすめです。

 

・少額を即日に借りたい・とにかくすぐに借りたい
→限度額は銀行より低いですが審査スピードはとても速く即日融資可能な会社も多いです

 

・借入期間は短く予定している
→金利が銀行より高めの設定なので借入期間が長い方には利息が負担になりますが借入期間が短い方には消費者金融の方がおすすめです

 

・誰にも知られずに借りたい
→無人店舗(自動契約機)で申し込み可能、またWEB完結の会社もあります

 

 

あなたのニーズにあわせて最適な借入先を選びましょう!

 

この世知辛い世の中、借入金額はいくらなのか借入期間はどれくらいなのか、などあなたのニーズにあわせて少しでもお得に借り入れが出来る最適な借り入れ方法と借入先を選ぶことが大切です。
そのためにも銀行カードローンと消費者金融の違いを知ることはとても重要な事だと言えるでしょう。キャッシングやカードローンなどに関する知識やデータをしっかりと調べ身に着けることによってあなたに少しでもメリットのある借入先を見つけましょう!